AWS リージョン一覧のコピペ

簡単にコピペして使いたいので書き出し

米国東部(バージニア北部)

us-east-1

米国東部(オハイオ)

us-east-2

米国西部(北カリフォルニア)

us-west-1

米国西部(オレゴン)

us-west-2

カナダ(中部)

ca-central-1

欧州(フランクフルト)

eu-central-1

欧州(アイルランド)

eu-west-1

欧州(ロンドン)

eu-west-2

EU(パリ)

eu-west-3

アジアパシフィック(東京)

ap-northeast-1

アジアパシフィック(ソウル)

ap-northeast-2

アジアパシフィック(大阪: ローカル)

ap-northeast-3

アジアパシフィック(シンガポール)

ap-southeast-1

アジアパシフィック(シドニー)

ap-southeast-2

アジアパシフィック(ムンバイ)

ap-south-1

南米(サンパウロ)

sa-east-1

まとめ(JSON)


[
    {"id": "us-east-1", "name": "米国東部(バージニア北部)"},
    {"id": "us-east-2", "name": "米国東部(オハイオ)"},
    {"id": "us-west-1", "name": "米国西部(北カリフォルニア)"},
    {"id": "us-west-2", "name": "米国西部(オレゴン)"},
    {"id": "ca-central-1", "name": "カナダ(中部)"},
    {"id": "eu-central-1", "name": "欧州(フランクフルト)"},
    {"id": "eu-west-1", "name": "欧州(アイルランド)"},
    {"id": "eu-west-2", "name": "欧州(ロンドン)"},
    {"id": "eu-west-3", "name": "EU(パリ)"},
    {"id": "ap-northeast-1", "name": "アジアパシフィック(東京)"},
    {"id": "ap-northeast-2", "name": "アジアパシフィック(ソウル)"},
    {"id": "ap-northeast-3", "name": "アジアパシフィック(大阪: ローカル)"},
    {"id": "ap-southeast-1", "name": "アジアパシフィック(シンガポール)"},
    {"id": "ap-southeast-2", "name": "アジアパシフィック(シドニー)"},
    {"id": "ap-south-1", "name": "アジアパシフィック(ムンバイ)"},
    {"id": "sa-east-1", "name": "南米(サンパウロ)"}
]


UE5 MetahumanをThirdPersonCharacterのように動かす

デフォルトのサードパーソンをMetahumanに置き換えてNavMeshを使って自動化

前提条件

  • バージョン:5.0.3
  • Metahumanは入手済み (今回はBESさんを利用)

手順

環境を作る

  1. 新規レベルを作成
     「ctrl」+「n」からOpen Worldを選択します。
    初期の何もない空間
  2. NavMeshBoundsVolumeを追加

    NavMeshBoundsVolume

  3. 作成したNavMeshBoundsVolumeの詳細からトランスフォームを設定

    今回の設定値

  4. 作業用のフォルダを作成
      今回はNavMetaHumansとします。

IKリターゲッタを作る

  1. IKリターゲッタをNavMetaHumansに追加(IKR_Mannequin_Metahumanとします)

    IKリターゲッタ
    元のIKはIK_Mannequin

  2. 作成したIKリターゲッタを開き、TargetIKRigAssetをIK_metahumanに設定

    リグ設定

アニメーションBPを作る

  1. アニメーションBPをNavMetaHumansに追加(ABP_Metahumanとします)
      スケルトンはmetahuman_base_skelを選択します

    metahuman_base_skel

  2. 作成したアニメーションBPを開き、「メッシュからポーズをリターゲット」を作成

    アニメーションBP

  3. 「メッシュからポーズをリターゲット」の詳細からIKRetargeterAseetに作成したIKリターゲッタを設定
    IKRetargeter

キャラクターを作る

  1. サードパーソンのBPをNavMetaHumansにコピー
     リンク:\Content\ThirdPerson\Blueprints\BP_ThirdPersonCharacter
  2. コピーしたサードパーソンのBPを開く
  3. MetahumanのBPを開く
     リンク:\Content\MetaHumans\BP_Bes
  4. MetahumanのコンポーネントからBody以下をすべてコピー

  5. サードパーソンのコンポーネントのMeshに貼付

    貼り付けた状態

  6. Bodyのトランスフォームを調整

    Bodyのトランスフォーム

  7. 作成したアニメーションBPをBody, Torso, Legs, Feetに割り当てる

  8. meshを選択してVisibleのチェックを外し、Visibility Based Anim Tick OptionをAlwaysTickPoseandRefreshBonesに変更する

  9. イベントグラフでMove to Location or Actorを配置して適当にGoal Locationを設定する

    イベントグラフ

結果

単純な動きですがThirdPersonCharacterのように動かすことができました。

結果

freeCodeCamp -HTMLとHTML5の基礎-

freecodecamp
職場の後輩がこれいいですよっておすすめしてくれたので触っています。

もともと電子回路の設計製作をしていましたが徐々にマイコンやVisualC++を触るようになって最近ではReactを使ってWebアプリを作るようになりました。

毎回独学で試行錯誤しながら進めていたので体系的に学ぶ機会がほしいなぁと思っていて職場内でも同じ思いの人が多くいたので本当にありがたいです。 完全無料ということですが微力ながら寄付もしたいなと思います。

勉強になった内容

  • main:社内向けのアプリばかり作ってきたので気にしてなかったけど今後は意識しよう

    HTML5 の main タグは、検索エンジンや他の開発者があなたのページのメインコンテンツを見つけるのに役立ちます。

  • form:他の人のコードを見ると書いている場合が多いけど何してるかよくわからない奴だった。

    純粋な HTML だけで、実際にデータをサーバーに送信するウェブフォームを作成できます。 そのためには、form 要素に action 属性を指定します。

最後のコード

<!DOCTYPE html>
<html>
  <head>
    <meta charset="utf-8" />
    <title>The best page ever</title>
  </head>
  <body>
    <h1>The best page ever</h1>
    <p>
      Cat ipsum dolor sit amet, jump launch to pounce upon little yarn mouse,
      bare fangs at toy run hide in litter box until treats are fed. Go into a
      room to decide you didn't want to be in there anyway. I like big cats and
      i can not lie kitty ipsum dolor sit amet, shed everywhere shed everywhere
      stretching attack your ankles chase the red dot, hairball run catnip eat
      the grass sniff. Meow i could pee on this if i had the energy for slap
      owner's face at 5am until human fills food dish yet scamper. Knock dish
      off table head butt cant eat out of my own dish scratch the furniture.
      Make meme, make cute face. Sleep in the bathroom sink chase laser but pee
      in the shoe. Paw at your fat belly licks your face and eat grass, throw it
      back up kitty ipsum dolor sit amet, shed everywhere shed everywhere
      stretching attack your ankles chase the red dot, hairball run catnip eat
      the grass sniff.
    </p>
  </body>
</html>

Reactアプリを作るときのバッチ

create-react-appを基本的には使っていますがtypescriptやESlintの設定を毎回調べてるので自動化

環境

  • Windows11
  • VScode: 1.73.1
  • Node v16.13.2

内容

  • --template typescript を利用
  • eslint を利用
  • prettier を利用
  • Atomic Design を利用
  • GENERATE_SOURCEMAP を無効化

コード

@echo off
set /p projectName=type project name :
mkdir %projectName%
cd %projectName%
call npx create-react-app ./ --template typescript
call yarn add -D eslint prettier eslint-config-prettier
mkdir .vscode 
(
    echo {
    echo "editor.codeActionsOnSave": {
    echo     "source.fixAll.eslint": true
    echo },
    echo "eslint.format.enable": false,
    echo "editor.formatOnSave": true,
    echo "[javascript]": {
    echo     "editor.defaultFormatter": "esbenp.prettier-vscode"
    echo },
    echo "[json]": {
    echo     "editor.defaultFormatter": "esbenp.prettier-vscode"
    echo },
    echo "editor.lineNumbers": "on",
    echo "editor.rulers": [119],
    echo "editor.wordWrap": "on",
    echo "eslint.packageManager": "yarn",
    echo "files.insertFinalNewline": true,
    echo "files.trimTrailingWhitespace": true,
    echo "typescript.enablePromptUseWorkspaceTsdk": true
    echo }
) > .vscode/settings.json
(
    echo GENERATE_SOURCEMAP=false
) > ./.env
(
    echo {
    echo     "env": {
    echo        "browser": true,
    echo        "es2021": true,
    echo        "node":true
    echo    },
    echo    "extends": ["eslint:recommended", "prettier"],
    echo    "parserOptions": {
    echo        "ecmaVersion": "latest",
    echo        "sourceType": "module"
    echo    },
    echo    "plugins": ["react", "@typescript-eslint"],
    echo "rules": {
    echo    "no-unused-vars": ["warn", { "vars": "all", "args": "after-used", "ignoreRestSiblings": false }]
    echo    }
    echo }
 ) > ./.eslintrc
 (
    echo {
    echo "printWidth": 119,
    echo "tabWidth": 2,
    echo "singleQuote": true,
    echo "semi": true, 
    echo "parser": "typescript",
    echo "endOfLine":"lf"
    echo }
 ) > ./.prettierrc
 (
    echo # Name
    echo ## Dependency
    echo ## Setup
    echo ```bash
    echo cd %projectName%
    echo yarn
    echo ```
    echo ## Usage
    echo ```bash
    echo cd %projectName%
    echo yarn start
    echo ```
    echo ## License
    echo This software is released under the MIT License, see LICENSE.
    echo ## Authors
    echo ## References
    echo - [create-react-app](https://github.com/facebook/create-react-app/blob/main/packages/cra-template/template/README.md)
    echo - [prettier](https://prettier.io/)
    echo - [eslint](https://eslint.org/)
 ) > README.md

mkdir src\utils
mkdir src\component
mkdir src\component\atoms
mkdir src\component\molecules
mkdir src\component\organisms
mkdir src\component\templates
mkdir src\component\pages

VSCodeの拡張機能(随時更新

パソコンを変えたりしたときにVSCodeの設定を忘れるのでメモ 2022/11/08

基本

React(TypeScript)